顔の大きさに関係している

原因を考えよう

人間の顔は左右が均等だと美しいと思われますし、小さいと判断されることが多いです。
ですから顔が大きい人は、左右のバランスが乱れていると考えられます。
その原因は、歯のかみ合わせにあるのかもしれません。
かみ合わせが悪くて、食事の際に片方の歯ばかり使っている人が見られます。
その場合は使っている側の筋肉だけ発達するので、顔のバランスが悪くなります。

また歯ぎしりの原因もかみ合わせにあることが多く、矯正しなければ改善できません。
歯並びを矯正すると左右の歯を均等に使えるので、筋肉がバランス良くつきます。
それが小顔や美しい顔になるために必要なので、歯医者に相談してください。
小学生ぐらいの子供でも、歯列矯正ができます。

得られるメリット

さらに歯並びを矯正すると、食べ物が噛みやすくなるメリットが生まれます。
しっかり噛んで胃に送ることで、負担を削減できます。
これまで胃がもたれることが多かった人は、あまり噛まないで飲み込んでいたことが原因かもしれません。
内臓機能を守るためにも歯並びを矯正し、よく噛んで食べることを意識してください。

さらにかみ合わせが良くなると、言葉をうまく発音できるようになります。
かみ合わせが悪いと言葉を発した時に息が抜けて、正しく相手に聞こえないかもしれません。
周囲と円滑にコミュニケーションを取れずに悩んでいた人も、矯正することで解決できます。
このように歯並びを矯正することには、小顔以外にもたくさんのメリットがあります。


この記事をシェアする