マウスピースで矯正しよう

目立たない矯正が良い

ワイヤーを表側に装着していると、口を開いた時に目立ってしまいます。
周囲から矯正をしていると知られますし、恥ずかしいと感じるかもしれませんね。
歯の裏側にワイヤーを付ける方法もあり、それだと目立つというデメリットを改善できますが料金が高くなったり、歯並びの状態によっては適応できなかったりする別のデメリットが発生してしまいます。

そこでおすすめなのは、マウスピースを使った矯正です。
マウスピースなら目立たず、気にしないで矯正を進められるでしょう。
今は透明なマウスピースも登場しており、それならさらに見た目が気になりません。
学生や接客業をしている人など、人と関わる機会が多い人はマウスピースで矯正をするのが良い方法です。

取り外しができる

自分で、好きなタイミングに取り外しができるというのもマウスピースのメリットです。
ワイヤーは基本的につけたままですし、些細な衝撃で外れてしまうことがあります。
すると正しく矯正ができませんし、ワイヤーの尖った部分が口内を傷つける恐れがあるので気を付けてください。
それに比べてマウスピースは、1日20時間ほど着用することが決まりになっています。
つまり残りの4時間は外しても良いので、食事や歯を磨くのが楽になりますね。

特に歯を磨く時に、矯正器具が邪魔になると思います。
うまく歯ブラシが入り込まなかったり、矯正器具の下を磨けなかったりするかもしれません。
それでは汚れが溜まり、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。


この記事をシェアする