壊さないように気を付ける

出費が発生しないように

好きな時間にマウスピースを着脱できるのは嬉しいですが、無理な力を加えないでください。
またマウスピースを落としたりぶつけたりすると、壊れてしまいます。
ヒビが入っただけでも口内を傷つける危険があるので使用を中止し、医師に新しいマウスピースを作ってもらってください。

再び作ってもらえば矯正を続けることはできますが、無料ではありません。
しっかり料金が発生し、それも高額なので、できるだけマウスピースを壊さないように意識しましょう。
いつでも丁寧に扱っていれば、そのような事態を回避できます。
不安な人は歯医者で何回か練習したり、医師にコツを聞いたりするのが良い方法です。
そこにだけ注意しながら、マウスピースを使いましょう。

歯並びによって変える

ずっと同じマウスピースを使うわけではありません。
矯正していると歯並びが少しずつ変わっていくので、その時に合わせて新しい形のマウスピースに交換します。
ですから、非常に衛生的だと言われています。
ワイヤーはずっと付けたままなので、汚れが気になるかもしれませんね。

マウスピースならそのようなことがないので、安心して使えます。
口内の衛生状態が悪くなることで、虫歯や歯周病などの病気を発症することもあると覚えておきましょう。
ちなみに矯正が終了するまでにどのくらいの時間が掛かるのかは、歯並びによって変わります。
軽度の人は数か月で終わりますが、かなり歯並びが曲がっている人は、1年以上の時間が掛かると思ってください。


この記事をシェアする